婚活パーティーで「会話が成り立たない」と感じた時にとった行動


結婚式

以前から「結婚したい」と言う強い願望を持っていたにも関わらず

以前から「結婚したい」と言う強い願望を持っていたにも関わらず、残念ながらその機会には恵まれることなく過ごしてきました。
これまでには何度も恋愛を経験し、それなりに良い交際をしてくることは出来ていたのではないかと思っています。
ただ、最終的に結婚と言う結果にまでは行きつくことが無かったため、思い切って「婚活パーティー」に参加してみることにしました。
「婚活」という言葉自体、今となってはごく一般的に認知されているものとなっています。
10年も前にさかのぼってみると考えられなかったような状況ではあるのですが、堂々とそういったものに参加することが出来る様になったことは非常にありがたく思っています。
婚活と言うこと自体が全く必要なく、何も意識しなくとも自然に結婚をすることが出来る人は大勢いるのでしょうが、私の様に希望と現実に大きなギャップがある人にとっては貴重な手段です。
さて、私はこの手の催しに参加するのは初めてでした。
異性との会話に対して特に苦手意識などは持っていませんでしたが、それはあくまでも「日常会話をする状況」においてです。
婚活パーティーともなれば、参加者は当然の様に結婚を意識しているため、自ずから会話の内容も職業や年収、趣味・特技と言ったものが多くなります。
他にも「将来はどのような家庭を」と言う話をされることも多く、私は正直「話しづらい」と感じてしまっていました。
しかし、せっかく参加費用を支払って参加している訳ですから、そのような手前勝手な理由でさじを投げてしまっては何の意味もありません。
どうにかして自分が意図する結果を呼び込むために色々と考えました。
その結果、「相手の期待、評価を気にしない」と言う方法に行きつきました。
多くの参加者がそうだと思いますが、「結婚相手を見つける」という強い希望を持って参加している人にとっては、「相手に良く思われたい」というプライドが邪魔をして中身の無い会話しか出来ずに終わってしまう人が多いようです。
私自身、当初の考えのままで終始過ごしていたのであれば同様の結果になっていたと思います。