婚活パーティーで「会話が成り立たない」と感じた時にとった行動


結婚式

目指すべきは「一人でも多くの人に自分の存在を知ってもらう」こと

色々な異性と知り合うきっかけにさえなれば良いと割り切っている人も居るでしょうが、中身の無い時間をいくら過ごしたところで結果に結びつくことは無いでしょう。
例えば、職業や趣味・特技を聞かれたのであれば、特に何も考えずとも返事をすることが出来るでしょう。
「今はこのような仕事をしていて、趣味はこのようなものです。
そちらはどのような趣味をお持ちなのですか」などと当たり障りのない会話をしていれば間を繋ぐことは十分に出来るかもしれませんが、それでは結果に結びつく可能性は低くなる様に感じました。
最終的にある程度の関係が出来上がり、そこから時間を掛けて愛を育んでいくと言う流れが理想的かもしれません。
そもそもが数時間程度のパーティーで相手の全てを知ることが出来る訳がありませんし、自分の魅力をあますことなく相手に伝えることも出来ません。
少なくとも「この人と友達になってみたい」とか、「もっと知りたい」と思ってもらえる程度が最大の結果と言えるため、目指すべきは「一人でも多くの人に自分の存在を知ってもらう」と言うことだと思いました。
そこで私は、「私は結婚を強く望んでいて、その相手を探しにここに来ています。
その為、一人でも多くの女性に自分の事をアピールしていくつもりなので、とにかく一方的に話をします」というアピールをすることにしました。
正直なところ、このようなアピールをすれば嫌われてしまうかもしれないということは容易に想像することが出来たのですが、結果は意外にも逆だったのでとても驚きました。